子供見守りアプリ「Qottaby(キューオッタバイ)」を設定してみた!

この記事では「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」のiPhoneでの設定手順をご紹介しています。

 

りりーず

先日、娘が学校からQottabyのキット(箱)を持って帰ってきたんです。

あっ!無料で使える期間があるみたいだから設定してみよ~♪

 

りりーず

「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」のキット?学校のプリントやら取説読んで設定してもうまくいかな~い!

サポートセンターの時間が18時までだし、土日休みだから電話でわからない事聞けないし・・・使うのやめとこうかな?

まっとし

ちょっとまって!

せっかく無料でお試しできるんだから、ちゃんと使ってみようよ・・・

子供に何かあってからやっぱり使っておけばよかった!とか後悔する前にね

何が起こるかわからない時代やぞ?

という事で、娘(小6)が学校から「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」の端末を持って帰ってきたので設定してみました。

私も設定してて学校からのプリントに書いてある「インストールはこちらから」で、すべて登録など終わるのかな?と思ってたらなかなか先へ進めずつまづきましたので、私がうまく設定できた手順をご紹介していきたいと思います。

※私が登録に使用したスマホはiPhone8です。登録の流れは他の機種でも変わらないと思いますが、もしうまく設定できない場合は「web問い合わせ」またはサポートセンター「0570-002-910」に問い合わせしてみましょう。電話受付は月~金(祝・祭日を除く)9:00~18:00

 

スポンサーリンク

見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)無料プラン登録の流れ

まずは登録までの流れをご説明します。

  1. 「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」のサイトから情報登録
  2. 「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」のアプリをダウンロード
  3. アプリ内で端末の情報入力し登録

私は1~3の手順で登録し、うまく設定できました。

パソコンをお持ちの方はサイトで情報入力する際パソコンで入力した方が簡単です。(スマホだと全角入力がやりずらいので)

※迷惑メール設定をしてる場合は「norepil@qottaby.jp」からメールが届くように設定が必要です。

スポンサーリンク

1.「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」のサイトから情報登録

画像引用:見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)公式HPより

私の娘が持って帰ってきたキットには、外に取説が付いてました。

最新版と旧バージョンがあったので最新版を読んで、その通りにやってみました。

上の画像は「上が最新版、下が旧バージョン」の取説です。(最新版の取説で設定しました)

取説(表面)の「契約者アカウント登録」に記載してあるQRコードを読み取ってQottaby(キューオッタバイ)公式サイトへ

iPhoneでカメラを立ち上げQRコードを画面内に表示させたら、上の方にURLが出てくると思います。

そのURLをタップすると公式サイトへ移動します。

もしうまくいかない場合は私がいつも使っているアプリをご紹介しておきますね。

QRコードリーダー for iPhone

QRコードリーダー for iPhone

Takashi Wada無料posted withアプリーチ

QRコードを読み取ったら、URLが出てくるのでそれをクリックしましょう。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

「新規登録」をタップします。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

するとメールアドレスを登録する画面へ移動します。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

メールアドレスとパスワードを入力しましょう!

(自分のメールアドレスを確認する場合、iPhoneであれば「設定」をタップ→一番上にある「自分の名前」をタップ→「名前、電話番号、メール」をタップで確認できます)

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

iPhoneでは次回から自動入力できるように、このサイトでのパスワードを保存するか聞いてきますのでお好きな方を選んで次の画面へ移動しましょう。

ちなみに私はiPhoneのセキリティを信用してますので、「パスワードを保存」をタップして次へ進みました。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

この画面で確認メール(返信メール)が届きますので「メールBOX」を開きましょう。

サイトの入力画面を閉じずにiPhoneのホーム画面へ戻ります。

そして「メールBOX」を開きましょう。

私は「○○○○@me.com」というicloudのメールアドレスで登録したので画像の「メールBOX」を開きましたが、gmailや他社のメールアドレスを使った場合は別のメールBOXに届くと思いますのでそちらを確認してみてください。

確認メール(返信メール)には「本人確認コード」と記載されたコードがあるのでそちらを控えます。

iPhoneのちょっとした小技ですが、[本人確認コード]MNVoRと記載されてるMNVoRの部分を長押しすると

コード部分が選択され「コピー」「すべてを選択」「調べる」「共有」・・・のアイコンで出現しますので「コピー」を選択するとコードをコピーできます。

そして先ほどのサイトの画面へ戻ります。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

入力欄で長押しすると、「すべてを選択」「ペースト」のアイコンが出現します。

「ペースト」を選択すると先ほどコピーした本人確認コードが入力できます。

もしうまくいかない場合は手打ち(キーボードで)入力しましょう。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

次へをタップし次の画面へ

スポンサーリンク

契約者情報の入力

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

ここでは親の情報を入力、後で子供の情報を入力するページが出てきます。

住所入力の際は「カナ」や「半角英数」や「大文字」の入力に気を付けましょう!

特に「○○市○○区1-23-456」の数字部分を入力する時は、数字部分やハイフンが半角入力になってて先に進めないという事が多々あります。

全部入力し終わって「次へ」を押しても「入力内容に不備があります」と表示される時は、概ねこの半角や大文字の入力ミスで次に進めません。

 

今回は「契約者情報」の横に(大文字)と記載してあるので、大文字で入力していきましょう。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

数字の1をタップすると、キーボードの上に変換できるものが出現します。

数字1の右上に「全」と書いてあるものが、「全角の1」ですよという表記ですのでそちらをタップしましょう!

ハイフンにも全角がありますので、同じように選んで入力しましょう。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

 

住所その他入力事項の入力が終わったら、下の方にある「次の2点に同意し申し込みます」の2点を確認し左のチェックBOXをタップし「次へ」タップします。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

これでアカウントの登録が完了しました。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

契約者番号は必ずメモしておきましょう。

スポンサーリンク

「見守り対象者を追加する」

次は「見守り対象者を追加する」をタップして、子供の情報を入力していきます。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

 

すべての入力が終わったら一番下にある「次へ」をタップします。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

妻の1台目を登録した時は表示されなかったのですが、2台目に私のスマホを登録したら「重複申し込みの可能性があります」と表示されました。(見守り対象者が2代目以降登録する場合はこの表示が出るようです)

特に問題ないので次へをタップし支払い画面へ移動します。

スポンサーリンク

支払い情報の入力

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

無料プランを利用するので上の「まちなかプラン」を選択します。

下へスクロールすると特典クーポンとあります。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

「自治体や学校より配布されるプリントに記載されてる場合があります」と記載されてますが、今回は無料で使うのでクーポンは必要ありませんね。

※有料プランを利用される場合は、学校及び自治体でクーポンを発行してるかもしれません。

「次へ」をタップします。

スポンサーリンク

見守り対象者、端末情報の入力

ここではキューオッタバイの端末に誰を登録させるか?の情報入力となります。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

次へをクリックします。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

この入力画面ではキット(箱)の中に入ってる端末情報を入力していきます。

みまもり端末認証コードが書いてある用紙を開き、QRコードの左側に記載してあるコードを入力しましょう。

入力が終わり「登録」をタップすると次の画面へ移動します。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

すると、「見守り対象者」で入力した情報が反映されます。

私の場合は娘が対象になるので娘の名前が出てきました。

問題ないので「次へ」をタップ。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

「無料で利用するor後で有料プランを申し込む」を選択し「次へ」をタップ

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

契約者情報に間違いがなければ、下の方にスクロールして「次へ」をタップします。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

最後に「見守り対象者情報」の画面で対象者情報に間違いがなければ「登録完了」をタップします。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

手続きが完了し「契約者番号」と「申し込み番号」が表示されるのでメモしておくかスクリーンショットで保存しておきましょう。

下の方にスクロールすると「印刷する」というアイコンが出てくるので、プリンターと接続が容易な方は印刷して保管しておきましょう。

私は写真管理をパソコン外付けのハードディスクで管理しているのでスクリーンショットで保管しました。

 

ここまでがサイトでの登録となります。ひとまずお疲れさまでした^^;

 

スポンサーリンク

見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)をインストール

取説裏面の右上にQRコードが記載されてるので、QRを読み取ってインストールしていきます。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)が表示されたら、「入手」をタップしてインストールしましょう。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

インストール後アプリを起動すると、iPhoneの場合はこんな画面になると思います。

私は基本、仕事中など通知音が鳴らないようにしたいので「通知を許可しない」をタップしてます。

ここで「許可しない」を選択しても、後からiPhone本体の設定から変更は可能です。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

ここで勘違いしそうなのが、サイトで情報登録したので「サインイン」だよね?と思いそうですよね。

アプリ内での新規登録になるので「新規登録」をタップします。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

説明画面の内容を読んでから、画面一番下の「次へ」をタップします。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

携帯番号、パスワードを入力し「本人確認をする」をタップします。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

電話番号が間違いなければ、「発信」を押しましょう。

※もし夜中などでこの操作をしてる場合、間違った電話番号を入力すると全く見ず知らずの人に電話がかかりますので、お間違いないように!

「発信」をタップすると電話がかかってきます。電話をとると「本人確認が完了しました・・・」というガイダンスが流れますので電話を切ります。

画面に戻ると画面内でも「登録が完了しました」と表示されます。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

OKをタップして、「次へ」をタップしましょう。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

見守り端末を登録する画面になります。「登録」をタップして次の画面へ

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

ニックネームと認証コードを入力する画面になります。

ニックネームはマップに表示させる名前となりますので本名でもいいですし普段呼んでる名前でもOKです。

 

認証コード入力は、みまもり端末認証コードを入力します。

認証コード欄をタップするとカメラが起動するので、QRコードを読み取りましょう。

サイトでも入力したものになります。

入力が終わったら「完了」をタップしましょう。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

「通知する施設を登録」という画面に進みます。

「登録」をタップして次に進みます。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

ここではQottaby(キューオッタバイ)の通信機器が設置されている学校が表示されます。

通ってる学校を選択して次の画面へいきましょう。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

通ってる学校を選択すると、その付近にQottaby(キューオッタバイ)を設置してる施設が表示されます。

子供の通学路途中にある施設が表示されてれば、それをタップしましょう。

私の場合、一覧の中に1個だけヒットしました。

○○公民館の前を必ず通って通学してるので、○○公民館をタップしました。

この施設を登録することでその近くを通ると「〇時○○分に○○がその付近にいました」というメールが届くようになります。

あまり複数選択するとメールだらけになっちゃいますので、学校と自宅の途中1カ所で計2カ所くらいでいいのではないかな?と思います。

画面一番下にある「見守りポイントマップ」をタップすると、Qottaby(キューオッタバイ)がある施設を地図で見ることができます。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

地図上からでも登録したい施設をタップすると登録できます。

地図から一覧へ戻るには右上に「エリア一覧へ戻る」をタップすると、一覧表へ戻れます。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

登録したい施設をタップすると、その施設欄が「青」で表示されます。

登録したい施設を「青」表示させたら、右上の「保存」をタップして保存させ次へ進みましょう。

次はメールアドレスの登録です。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

施設や学校の近くを通るとメールが送られてくるので、その送り先アドレスを入力します。

入力が終わったら右上にある「保存」をクリックして次へ進みます。

すると入力したメールアドレスに確認メールが送られてきます。

送られてきたメールには「確認用URL」が記載されてるのでそのURLをタップしましょう。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

URLをタップしたら「メールアドレス登録完了画面」になります。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

この「メールアドレス登録完了」の画面はブラウザという検索画面になってますので、ここからは先へ進めません。

「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」のアプリを開きましょう。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

アプリを開くと登録したニックネームが反映されてキューオッタバイ端末がニックネームで表記され今どこにいるのか表示されてます。

これで設定完了ではなく、先ほど登録したメールアドレスにメールが来るようにしないといけません。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

画面左下にあるアイコン「位置通知」をタップします。

 

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

メール通知の項目で先ほど登録したメールアドレスが記載されてると思うんですが、その右側の「ON・OFF」アイコンが最初は「OFF」になってます。

この状態では通知がきません。

なのでOFF→ONへ変更しましょう。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

これで学校についた時や、登録した施設の近くを通たらメールが届くようになります。

これでアプリの設定も完了です。お疲れさまでした!

 

後は、トップ画面の子供のニックネーム付近をタップしてみましょう!

子供がどこにいるかマップ上に表示されてるはずです。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

すると地図が表示され、端末(子供のいる場所)が表示されます。

画像引用:「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」アプリ内より

以上ですべての設定が完了しました。

お疲れさまでした!

スポンサーリンク

「見守りアプリQottaby(キューオッタバイ)」の無料プランはいつまで?

利用開始の翌月末まで有料プランが無料で使えます。

※いつご登録頂いても、利用料金が発生するのは、「利用開始の翌々月分から」です

引用:Qottaby(キューオッタバイ)まちなかプランより

「いつご登録頂いても」ということは、月末に登録したら無料で使える期間が短くなってしまうので長く無料で使ってみたい方は月初めに登録したほうがいいですね。

 

スポンサーリンク

見守り端末は返却するの?

返却しないといけません。

見守り端末は全員に配布しますので、本サービスをご利用にならない方、利用を終了される方、卒業される方はお手数をお掛けしますが、見守り端末を、学校に返却ください。

引用:Qottaby(キューオッタバイ)まちなかプランより

娘の友達に「こないだ学校からもらってきた箱の設定は終わった?」と聞いてみたら、まだ親に渡してないし失くしたかもしれないと言ってました(笑)

「ちゃんと親に見せなさいよ~」と説教してしまいましたが、もし紛失してしまった!落として壊してしまった!などあった場合、その他不明な点はサポートセンターへ連絡しましょう。

Qottaby見守りサービスサポートセンター
  • 電話番号  0570-002-910
  • 受付時間  平日9:00~18:00
スポンサーリンク

最後に

今回妻が設定してて先へ進めず困ってたので代わりに設定してみましたが、まずは「キット(箱)に同梱してある取り扱い説明書の最新版」をよく読んでから設定してみてください。

妻が設定で困ってたのは「学校からもらってきたプリントに書いてあるQRコード」を読み取って、そこから設定を始めてたのでうまく設定が進まなかったようです。

スマホの使い方でも覚えるの大変なのに、次から次にいろんな機器が出てきて設定するの大変ですよね。

しかし可愛いわが子の安全の為にとても役に立つアイテムなので、私の妻のように「めんどくさいから使うのやめとこうかな?」と思わずに無料期間だけでもお試ししてみてはいかがでしょうか?